[Windows Live メール] 署名を設定しよう

メール本文の最後に「署名」として名前やメールアドレスを書いて送ると、
相手があなたに連絡を取りたいときにとても便利です。

ここでは、Windows Live メール 2011 での「署名」の設定方法を解説します。

  • Windows Live メール 2011 で設定した「署名」の完成図
    Windows Live メール 2011 で設定した「署名」の完成図

手順

  1. Windows Live メール 2011 を起動します。(Windows Live メールを起動するには、[スタート] ボタン – [すべてのプログラム] をクリックし、[Windows Live メール] を選択します。)
    Windows Live メール 2011 を起動します。(Windows Live メールを起動するには、[スタート] ボタン - [すべてのプログラム] をクリックし、[Windows Live メール] を選択します。)

  2. Windows Live メールボタン、[オプション]、[メール] の順番にクリックします。
    Windows Live メールボタン、[オプション]、[メール] の順番にクリックします。

  3. [署名] タブをクリックし、[新規作成] をクリックします。
    [署名] タブをクリックし、[新規作成] をクリックします。

  4. [すべての送信メッセージに署名を追加する] にチェックが入っていることを確認します。お好みで、[返信と転送メッセージには署名を追加します] のチェックを入れます。
    [テキスト] 欄に、署名を入力します。名前、メールアドレス、電話番号、住所があれば完璧でしょう。
    [すべての送信メッセージに署名を追加する] にチェックが入っていることを確認します。お好みで、[返信と転送メッセージには署名を追加します] のチェックを入れます。

  5. [名前の変更] をクリックし、名前をつけてから、[OK] をクリックします。
    [名前の変更] をクリックし、名前をつけてから、[OK] をクリックします。
  6. [ホーム] タブで、[電子メール メッセージ] ボタンをクリックします。
    [ホーム] タブで、[電子メール メッセージ] ボタンをクリックします。

  7. 新しいメールの文末に、予め設定した「署名」が入っています。
    新しいメールの文末に、予め設定した「署名」が入っています。

いかがでしたか。
最初に設定するだけで、だいぶ手間が省けますね。
早速お試しください。

ウインク Windows Live チーム

About these ads
カテゴリー: メール タグ: , , , パーマリンク