[プロフィール] 初級:知り合いをつながりに招待しよう(電子メールアドレスに招待状を送信)

Windows Liveで簡単に写真を共有したりチャットをしたり、ブログの更新をチェックしたりするのに便利なのが「つながり」です。
家族や友だちをつながりに招待・登録すると、お互いの更新情報を簡単に見ることができたり、チャットやプライベートメッセージなどのやり取りもスムーズにできるようになります。

※「つながり」についての詳細は、Windows Live チームブログの『「知り合い」と「つながり」』をご参照ください。

友人や同僚をつながりに招待する方法はいくつかありますが、ここでは相手の電子メールアドレスを指定して招待する方法をご紹介します。
はじめてガイドにも詳しい解説が載っていますので、参考にしてくださいね。http://windowslive.jp.msn.com/guide/profile/step3.htm

  1. まず、Windows Live にサインインして、ホーム画面を表示します。
    右上にあるリンクから [知り合いの追加] を選んでクリックしましょう。
     

    プロフィール画面の [知り合いの追加] をクリックしても同じ画面が表示されます。
     

  2. 知り合いをつながりに追加する画面が表示されます。
     
    今回は電子メールアドレスを指定して、招待状を送ってみましょう。
  3. 「電子メールアドレスで追加」の下の入力欄に、招待したい相手の電子メールアドレスを入力します。
     
    アドレスは間違えないように注意しましょう。
    電子メールはカンマで区切ることで、複数入力することもできます。

    入力できたら、右側の矢印をクリック。

  4. 矢印をクリックすると、次のような画面に切り替わります、

    ①の「メッセージの本文」の欄には、招待状に追加表示されるメッセージを入力することができます。
    Windows Live にニックネームで登録していたり、本名が分かりにくいように登録している場合は、「高校の同級生の花子です。」のように名乗っておくと、相手にもわかりやすくて親切ですね。

    ②で、追加する相手をカテゴリに分けることができます。
    カテゴリは家族、同僚、友人の3種類が用意されていますが、新しく追加することもできます。「サークル仲間」「地元の友達」など、わかりやすいカテゴリに分けておくと、あとから探しやすくて便利です。
    カテゴリは、つながりの登録が完了した後で分類することもできますので、ここではスキップしても問題ありません。

    ③では、相手をどのつながりに招待するかを選びます。
    「この人をWindows Live Messenger に追加する」を選ぶと、メッセンジャーのメイン画面に相手の名前が表示され、お互いにオンラインのときにはすぐにチャットができるようになります。
    「この人をプロフィールページに表示する」を選ぶと、選んだ相手があなたのプロフィール画面の「つながり一覧」に表示されるようになります。
     

  5. 最後に、[招待メールを送信] ボタンをクリックすれば、招待状の送信は完了です。

    Windows Live のつながりは、双方向です。相手があなたの招待を承諾してくれた段階で、つながりには追加されます。
    「誰に招待状を送ったっけ?」と思ったら、招待状の管理画面でチェックしてみましょう。
     
    プロフィール画面の右上にある「つながり」で [さらに表示] をクリックすると、つながりの管理画面が表示されます。
    左側のメニューから [招待済み] を選べば、招待状を送信した相手を確認することができます。

 

どんどん知り合いを招待して、より楽しく簡単に共有やコミュニケーションを楽しみましょう!

広告
カテゴリー: プロフィール&つながり パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中